エルメスコピーバッグ好評「トランプは落選する」ファッションが映すアメリカ世論の劇的変化

定番エルメスコピーバッグ好評.■有力政治家らの服装を見れば民主党優位は一目瞭然アメリカ大統領選挙の投票日直前、ニューヨークは何もかもが選挙一色だ。タイムズスクエアには「Vote」と書かれた巨大なスーパーサインが輝き、コンサートアリーナとして知られるマディソン・スクエア・ガーデンが今年初めて投票所になることが話題になっている。 アメリカ全土で投票への関心は高く、19日時点で3000万人以上が郵便投票または期日前投票を済ませたという報道もある。また激戦州の一つでもあるジョージア州では、期日前投票の待ち時間が8時間と発表されたにもかかわらず、長い列ができた。

f:id:pengpeng456:20201020174130p:plainf:id:pengpeng456:20201020174130p:plain

朝4時から並んだ人もいたという。 筆者の周囲では、初めて投票する18歳のZ世代やミレニアル世代が、この投票がアメリカの運命を決める重要な選挙だと真剣な眼差しで語り、もし負けたら自分たちが大切にしているものを失うかかもしれないという不安を訴えている。 筆者の見解では、現時点でトランプ落選は間違いないと確信している。なぜなら民主党が若者の支持を集めていることは、有力政治家らのファッションを見れば一目瞭然だからだ。 ■ターゲットにしているのはミレニアル&Z世代 例えばファッションブランドはこぞって「Vote」グッズを作っている。 マーク・ジェイコブスの定番バッグ「THE TOTE BAG」は、Toteの部分をVote(投票)に変えたTHE VOTE BAGを発表して話題になった。バナナリパブリック、Gap、マイケル・コース、ケネス・コール、Fossilなど多くのブランドが、投票をテーマにしたマスク、Tシャツ、アクセサリーを発売。多くが収益の一部を投票促進するノンプロフィットに寄付している。 さらにスポーツ・ブランドのKITH(キス)やフットロッカーでは、店内に有権者登録をするスペースを設けた。また選挙の情報をウェブ上に掲載したり、投票を促進したりするイベントを行うショップもある。 彼らがターゲットにしているのはミレニアル&Z世代だ。ファッションがライフスタイルに欠かせない世代にとって、投票が身近で自然な行動であることを印象付けるのに、これほど効果的なやり方はないだろう。エルメススーパーコピー財布通販.しかも18歳~38歳までのこの世代はアメリカの有権者の37%を占める大票田であり、これからの消費の担い手だからだ。 ファッション業界が前例がないほど政治に近づいている一方、政治の世界もファッションに急接近している。